車買取相場より高く売るにはどうすればいいのか

車買取相場より高く売るにはどうすればいいのか

車売却する時に、相場価格よりも高くためにはまずはネットで複数の会社に見積もりを出すことです。
これをしている人は多いのですが、さらにもっと高く売りたいと考えているなら、車の年式が古くなってしまう前に売りに出すといいでしょう。

 

車はいつも新しいものが出ています。
やはり新しいものの方に人の目は行くので、古い年式のものよりも新しい年式が高く売りやすいのです。

 

車を売却するかどうか迷っているなら、できるだけ早い時期に売却するのが一番高く売れるのです。
そのほかにもちょっとした工夫で売却価格を上げることができるのです。

 

例えば洗車して車の見た目を美しくしておく、もちろん内装もきれいにしてごみは掃除機などで吸い取っておく、車のマットレスを洗っておく、このようにしておくと査定するときに金額が少しアップします。

 

それから煙草をよく吸っている人は、消臭スプレーなどで匂いを消すようにしておくと、これも売却価格に関係するのでしておきましょう。
中も外もきれいにして、査定してもらうと好感度がアップします。

 

窓も、内側からきちんと磨いておきましょう。
これだけで高い値段がつくのですから、できるだけきれいにしてから査定してもらうようにするといいです。

車の買取の時に準備すべき書類はなにか

車を売却する時には必ず必要な書類があります。
基本的には五枚ですが、まずは自動車車検証、これは車検を受けたという証しになるので自動車に乗っているときにも必ず携帯しているものです。

 

次に必要なのが自賠責保険証これは強制的に入るもので、入っていないと罰せられる可能性があります。
車に乗っている人なら誰でもこの保険に入っているものなのです。

 

3番目に必要なのが実印と、印鑑証明書をです。
印鑑証明書は発行されてから3カ月以内の者が有効ですから、あまり早い段階で取らずに、売却が確定してから印鑑証明書を取りにいくようにすると無駄がないでしょう。

 

最後に必要なのは、本年度分の自動車税納税証明書です。
毎年きちんと納税しているとは思いますが、本年度の分だけが必要なので捨てないできちんと取っておきましょう。

 

もしもこの証明書を無くした場合は、早い段階でもう一度納税記録を取り寄せることができるので、なくした人は早めに準備しておきましょう。
これらが基本的に必要な書類ですが、もしも引っ越しをしている場合はさらに住民票をなどが必要になります。
書類をすべてそろえるのに時間がかかる場合もあるので、売却が確定したら早めに書類をそろえておくと安心です。